「好きだ。」挿れたら伝わる…堅物オトコのひたむきな最愛|感想とネタバレ
引用元:スクリーモ/著者:祈崎ひな汰/「好きだ。」挿れたら伝わる…堅物オトコのひたむきな最愛

あらすじ

祖父が持ち込む縁談をことごとく破棄していく和。
自由恋愛も認められているのだから、お見合いが嫌なら彼氏を連れて来れば良いじゃないかとボディーガードの直生に言われるが、それは無理だと和は頑なに恋愛を拒否する。
家にいたらまた縁談の話を持ち込まれるだろうと家出をした和だが、ネカフェで複数の男たちに襲われそうになる。
そこに直生が現れ、和を助ける。二人で飲み歩き、家に帰ってから何故和が恋愛をしないのかが明かされる。
それは、セックスをすると相手の心の声が聞こえてしまうから。
どんなに親しくしていた相手でも、結局は和自身ではなく家柄目当ての男ばかりで、自分にはもう恋愛など出来ないと言う和に、それが本当かどうか確かめてみようと直生は和とのセックスを求め、負けず嫌いな和もそれに応える。
直生だって自分のことを好きなわけではないと期待などしない和だったが、挿れた瞬間に聴こえたのは、「好きだ」という想いだった。

感想とネタバレ

和の容赦ない縁談破棄から始まるストーリー。婚約者や彼氏を作らない理由が、セックスをすると相手の意識が伝わるからという設定は斬新でした。
過去の彼氏は皆和自身を想ってくれていないというトラウマからもう一生恋愛は出来ないと悲観する和に、そんなことがあったら確かに恋愛なんてしたくなくなってしまうなと共感してしまいます・・・。

和が襲われそうになった時、颯爽と現れ暴漢たちを撃退する直生はボディーガードらしく頼れる男で、胸キュンせずにはいられないワンシーン!
また、和の『相手の意識が伝わる』という現象を確かめるために、試しにセックスをしてみるかと迫る直生にも思わずキュンとしてしまいました。

態度は変えず、冷静を装ってるところがもうね・・・

繊細な絵柄で細やかな描写のあるエッチシーンでは直生の気持ちはどんな風に伝わるのだろうかとドキドキ感が徐々に加速していき、いざ繋がった時に和が聴いた直生の想いが「好きだ」の短い一言だったことに、胸キュン度MAX!

直生の本心を知った和が今後直生に対してどんな心情を見せていくのかがとても気になる作品です!

 

Twitterでフォローしよう