TLコミック感想「むかしむかしのおはなし。」の表紙画像
引用元:リブレ/著者:ゆめきよ/むかしむかしのおはなし。

あらすじ

とある里に古くから伝わる因習。それは、4年ごとに目を潰した乙女を狗神に捧げるというものだった。

しかし生贄を捧げているにも関わらず、里に恵みが与えられるどころか土地はやせるばかり。今年の生贄に選ばれた少女・すずは、里と妹を救うため神を殺すという無謀な行動に出るが――。

社にいたのは美しい男の姿をした神だった。「人間に騙されてここに閉じ込められている」という狗神を解き放つため、すずは自分の身を喰わせるという決断をする。

しかしその方法は、すずの想像を上回っていて…!?

TLコミック「むかしむかしのおはなし。」のサンプル画像

引用元:リブレ/著者:ゆめきよ

感想とネタバレ

皆様お待ちかね、和風ファンタジーのお時間です!生贄の少女×銀髪犬耳美形神様というまさに超鉄板の組み合わせ。これはもう読む前から美味しいと決まってます!

そして実際読んだ感想としましては、生贄ヒロインのすずが意外にも強気っ子で面白い!神に捧げられる生贄の少女というイメージから、触れたら壊れてしまいそうな儚い女の子かと思っていたら見事に裏切られました。

まさかのいきなり刺殺(まあもちろん狗神は神なのでそんなものでは死なないんですが)。仮にも神様に向かって、疫病神だとかバカ犬だとか呼ぶ勇気がすごい。そして可愛い!

そしてそしてなんといっても狗神様!凛としたお姿が麗しすぎます…!
着物の隙間から垣間見える鎖骨や綺麗な指に思わず目が行ってしまいます。ふとした表情のひとつひとつが色気たっぷりで、ずっと見つめていたいほどお美しい。

これはもはや美しさの暴力・・・!

神らしい見た目に反して、中身は結構俗っぽいのも素晴らしい。砕けた言葉遣いと結構意地悪な性格がさらに魅力を引き出します。

安心のゆめきよ先生ですよ!なので、エッチシーンももちろん充実。短編ながら、前戯もしっかりあって満足度は高めです。強気だけど性には疎いすずの反応がとてもかわいい。着物を脱いだ狗神様のたくましい肉体も堪能できて、個人的には非常に美味しく楽しめました…!

ただ欲を言うなら、すずは目が見えない女の子という設定なので、そこを活かした疑似目隠しシチュみたいなのもあったらなお嬉しいですね。

とはいえ世界観もしっかりしていて話もまとまっているので、気軽に読める和風ファンタジーを探している方にはオススメです!

 

公式販売サイトはこちらから