清く正しくいやらしく|真面目にビッチになろうとするヒロインがめっちゃ可愛い-TL感想とネタバレ
引用元:リブレ/著者:倖月さちの/清く正しくいやらしく

あらすじ

「真面目なんてくそくらえ!」舟木美薗は、ビッチとして生まれ変わるべく初対面の男と関係を結ぶ。
一夜限りの関係――そう思っていたはずが、「今までのどのセックスよりも良かった」とセフレになろうと持ち掛けられ…。

しかもその相手、土屋冬馬は、海外から新しく赴任してきた上司だった!?冬馬の前ではビッチのふりを続ける美薗だが、挑発的な言動は彼の情欲を煽るばかりで…。

ドSで絶倫のイケメン上司に腰が抜けるほど愛されまくり!

感想とネタバレ

ヒロイン・美薗が慣れないビッチのふりをする様子がとってもキュート!完璧なビッチになろうと持ち前の真面目さを発揮してしまうあたり、文句なしの愛されヒロインです。
セフレという関係が障害となって、なかなか素直な気持ちを表に出せない二人の関係にやきもきしてしまいます。水族館デートしたり、恋人設定エッチしたりするくらいなら、もういっそ付き合っちゃえよー!と何度心の中で叫んだことか・・・。

イケメン上司の冬馬さんも、とってもエッチで魅力的。ドS×眼鏡×スーツ×エリートというテンプレ盛り盛りのキャラ造形ながら、時折漏れる本音がとっても一途でかわいくて人間味に溢れています。
何より美薗LOVEで絶倫なところが最高…!やっぱりTLマンガのヒーローはヒロインが引くくらい絶倫じゃないと。

あくまで個人の感想です。

エロ描写も見どころ満載。美薗がビッチを演じれば演じるほど、どんどんヒートアップしていく冬馬さんの色気が…!ドキドキせずにはいられません!!

ただエロいだけじゃなく、周りの無責任な発言に傷つけられてきた美薗の「真面目でいたっていいことない」という叫びは、共感する女性も多いのではないでしょうか。

小説が原作ということもあって、ドキドキする要素がたっぷりありながらも、とても読みやすくまとまっている印象を持ちました。兎山もなかさんの原作小説も読んでみたくなります。

ちょっと変化球のツンデレヒロインを求めている方、是非是非おすすめの一冊です!

 

Twitterでフォローしよう