オナニーするときに足ピンしちゃう?それって危険かも

オナニーするときに、つい足ピンしちゃう、もしくは足ピンじゃないと気持ちよくイケない!という人はキケンかも?

足ピンオナニーとは、足をつま先までピーンと伸ばした状態でイクこと!より内腿に力が入りやすく足を開いてオナニーするよりもイキやすいから、じつは足ピンオナニーしちゃってる・・・って人も多いの!

 

オナニーのときに足ピンしちゃってると、セックスで感じにくくなってしまったり、イキにくくなってしまったりするんです。

オナニーでは簡単にイケるのに、セックスでイケない?

それには大きな理由が2つあるんです。

1つめは、足ピンオナニーの大半が、クリトリスでオナニーしてしまっていること。膣でオナニーするときって体制的に足ピンにはなりにくく、かつ膣内もオナニーによって開発されていくので、セックスでも自然にイケるのです。でも、足ピンクリオナ派はなかなかそうはいきません。

2つめは、足ピンオナニーの刺激に慣れてしまって、より強い刺激でないと気持ちよく絶頂にイケないから。内股にしてつま先まで全体に力を入れることで、快感がクリトリスに一点集中することに慣れてしまって足ピンしないとイケない体になっちゃうんです。

だって、セックスしてるときって体位的に足ピンってできないですよね?とんでもないアクロバティックな体位でない限り、足ピンしながら挿入は難しいと思います。だから、オナニーで足ピンに慣れ切っちゃうと、セックスでイケなくなっちゃうの。

足ピンをやめると、セックスでもイケるようになる!

ズバリ言い切っちゃうと、これです。なかなか中イキできないんだけど・・・って悩んでいる貴女、まずオナニーのやり方を変えてみることをおすすめしますよ!きっと、もっとセックスを楽しめるようになるはず。

Twitterでフォローしよう